ニュース・プレスリリース

第1回JCAキャッシュレス研究会を開催しました。

2019年04月26日
News

 4月24日に第1回研究会を開催しました.協会の川野からは,ビットコインなどの仮想通貨ウォレットに紐づいたVISAデビットカードを紹介しました.

ゲストスピーカーに長崎県立大学の小原篤次准教授をお招きし,「欧州の最新キャッシュレス事情」についてお話しいただきました.イギリスとスウェーデンの現地情報を詳細にお話しいただきました.スウェーデンでは券売機や駅ナカのコンビニなどで現金が使えなくなっており,駅の有料トイレもキャッシュレス化しています.このような場所では,タッチ決済のクレジットカードまたはデビットカードが使われています.小原先生は,キャッシュレス化を全国的に進めるためには社会的な合意が必要であることを強調されました.現在日本で進んでいるキャッシュレス化は使いたい人だけが使えばいい,という形で進んでいますが,キャッシュレスの普及率が高まり100%が近づくにつれて,社会インフラとしてのキャッシュレス化を議論する必要が生まれます.ヨーロッパの最新事情は日本の将来の課題を映していることが明らかとなりました.

 後半のディスカッションでは,スイスなど他のヨーロッパのキャッシュレス事情,日本でキャッシュレスを進めるにあたっての技術的課題,特に認証に関する問題,仮想通貨VISAデビットの仕組みなどについて活発な議論がありました.

次回は6月26日開催予定です.奮ってご参加ください(詳細はこちら).