ニュース・プレスリリース

川野代表理事が日本コンタクトレンズ協会で講演

2019年06月06日
News

 川野代表理事が日本コンタクトレンズ協会の総会で「キャッシュレスで変わる社会」の講演を行いました.

 世界のキャッシュレス事情を俯瞰した後に,日本の課題やバンドルサービスについてお話しました.コンタクトレンズに関するイノベーションも話題になりました.

 キャッシュレス社会では決済は社会を支える陰の立役者となります.眼科での健診結果のカルテ,コンタクトレンズ用の処方箋,支払い手段などがスマートフォンのアプリで管理できれば,実店舗だけでなくオンラインでも安全にコンタクトレンズを購入することができます.正しく装着されているかなどもスマートフォンのカメラと組み合わせたアプリでユーザー自身が確認できるようになります.目やコンタクトレンズに関するデータを蓄積することで,新しいコンタクトレンズの開発データも集まります.個人情報や医療行為に関する法的なハードルがありますが,これらのサービスとキャッシュレスとの組み合わせにより私たちの生活は改善されるでしょう.