JCAキャッシュレス研究会

 キャッシュレスに関する様々な問題について深く議論する研究会です.国内外のキャッシュレス事情,キャッシュレス関連のサービス,技術的トピックなどをテーマに産官学からゲストスピーカーを招き,講演とディスカッションを行います.また,協会代表理事の川野からは最新キャッシュレス事情を紹介します.業界情報の整理,ビジネスのヒント,人脈の構築などにお役立てください.

New!第3回JCAキャッシュレス研究会を開催します

 日本キャッシュレス化協会は,2019年10月30日(水)に第3回JCAキャッシュレス研究会を開催します.
 協会の川野代表理事から最新のキャッシュレスの動向についてお話した後,ゲスト講師に株式会社セコマの丸谷智保代表取締役社長をお招きし,「災害時にも使えるキャッシュレスを目指して ~北海道胆振東部地震から学ぶ~」をお話していただく予定です.

<講師プロフィール>
  • 丸谷 智保(マルタニ トモヤス)氏

  • 慶應義塾大学 法学部 卒業
    株式会社北海道拓殖銀行 入行 同 営業企画部 次長
    シティバンク、エヌ・エイ 入行 同 顧客・人材開発本部 本部長
    株式会社セイコーマート(現 株式会社セコマ)入社
    専務取締役、取締役副社長を経て、代表取締役社長 (現職)
    平成 26 年 内閣府経済財政諮問会議 政策コメンテーター就任 NACS International Board of Directors
  • 申し込みはこちらから
     ↓
    https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7670257915742695&EventCode=7122969122

第3回 日本キャッシュレス化協会主催 キャッシュレス研究会

テーマ災害時にも使えるキャッシュレスを目指して ~北海道胆振東部地震から学ぶ~
日時2019年10月30日(水)18:00 ~ 20:00
 17:45 受付開始
 18:00 セミナー開始
 18:05 日本キャッシュレス化協会からのご挨拶(川野代表理事)
 18:10 「最新のキャッシュレス動向」(川野代表理事)
 18:30 「災害時にも使えるキャッシュレスを目指して(仮)」(丸谷智保代表取締役社長)
 19:30 ディスカッション 質疑応答
 20:00 終了予定
開催地東京都品川区上大崎2-14-5 クリスタルタワー3階セミナールーム
 ・JR山手線 目黒駅 東口 徒歩1分
 ・東京メトロ南北線 目黒駅 徒歩1分
参加費【賛助会員】  無料
【招待・紹介】 無料
【一般】    無料
申し込みイベントペイ(下記お申込みボタン)よりエントリーください!
先着20名!!満席になり次第,締め切らせていただきますので,お早めのお申し込みをお勧め致します。
申込みに際しての留意点
 当日の参加のご連絡は,080−5372−6047までお願い致します.
皆さまと会場でお会いすることを楽しみにお待ちしております.

第2回JCAキャッシュレス研究会を実施しました

 6月26日(水)に,第2回JCAキャッシュレス研究会を実施しました.
まず当協会代表理事の川野からご挨拶を申し上げ,最新のキャッシュレス事情として2件紹介しました.

 第1は,アメリカでモバイルペイメントが伸びており,Venmoのユーザー数が4000万人を超えたこと,Zelleの四半期の送金金額が390億ドルに達したというトピックです.アメリカではクレジットカードがメジャーですが,近年は若い層を中心にモバイルペイメントも普及しつつあります.

 第2は,今年の9月14日からEUのPSD2(第二次決済サービス指令)で2要素認証が始まるというトピックです.決済時の本人確認の場面では,暗証番号のような知識,カードやスマートフォンなどのデバイス,生体認証などの生得情報のうち,2つ以上を利用しなければならなくなります.安全性は高まりますが,決済の時間が遅くなるという問題点があります.そこで,Apple Watchでは時計の装着時にPINコードを入力すれば,時計を外すまでの間は改めてPINコードを入力しなくても済むようにしており,2要素認証と決済スピードの両方をクリアしようとしています.


 ゲスト講師に(株)ミロク情報サービス 執行役員 製品開発・サポート本部 第二製品開発部長の岩田悟氏をお招きし「クラウド会計で変わる,キャッシュレス時代の経理処理」という講演をしていただきました.日本のキャッシュレス化の現状をお話しいただき,根強い現金主義や決済方法の乱立などの問題点を指摘されました.例えば,BtoBの取引でクレジットカードを使う比率は約10%にとどまっているものの,導入後には業務の効率化やコスト削減につながるメリットがあると報告されています.

 個人事業者のうち会計ソフトを利用しているのは3分の1以下,そのうちクラウド会計を利用しているのは20%以下とまだまだ普及が課題になっています.ミロク情報サービス(以下,MJS)の「かんたんクラウド会計」は,FinTech技術を活用し,銀行口座の入出金明細との自動連携や自動仕訳機能,スキャナーを使ってのレシート取り込み機能などをもつクラウド型のサービスです。また,「かんたんクラウド給与」は,給与計算や社会保険,年末調整など,年間を通して給与業務を効率化することができます。研究会では自動仕訳の事例を説明していただきました.MJSでは「楽たす振込」「楽たす給与振込」も展開しており,事業者の業務負担を削減しつつ,振込手数料も大幅に節約できるサービスを展開しています.

 これからの日本社会ではデジタル化が否応なく進んでいきます.既存のビジネスモデルからの脱却を図り,新しいサービスの創出が求められています.キャッシュレス化により生産性を高め,日本経済の発展に貢献すべきだとして講演を締めくくりました.

 ◆「かんたんクラウド会計」「かんたんクラウド給与」はこちらから
  https://www.mjs.co.jp/feature/kantan_cloud/
 ◆「楽たす振込」「楽たす給与振込」はこちらから
  https://www.bizsky.jp/furikomi/
 ◆ 配布資料:クラウド会計で変わる,キャッシュレス時代の経理処理

ディスカッションでは,フィンテックなどについて活発な議論がありました.
 次回は,10月30日(水)に予定しています.
 皆様のご参加をお待ちしています.

過去の研究会

第2回JCAキャッシュレス研究会

テーマクラウド会計で変わる,キャッシュレス時代の経理処理
日時2019年6月26日 13:00 ~ 15:00
場所 東京都品川区上大崎2-14-5 クリスタルタワー3階
概要株式会社ミロク情報サービス 製品開発・サポート本部の岩田悟氏をお迎えし『クラウド会計で変わる,キャッシュレス時代の経理処理』と題しまして,フィンテック時代の経理処理の合理化やコスト削減について幅広くご講義いただきました.

第1回JCAキャッシュレス研究会

テーマ欧州の最新キャッシュレス事情
日時2019年4月24日 13:00 ~ 15:00
場所日本キャッシュレス化協会
概要ゲストスピーカーに小原篤次氏(長崎県立大学経済学部 准教授)をお招きし欧州の最新キャッシュレス事情について,ご報告いただきました(研究会の様子はこちら).